本文へ移動

当社ならではの建築

当社の新築分譲住宅、RC賃貸マンションの建築について、お客様が安心して快適に永く暮らせる住まいをご提供するために、建築行程の全てのプロセスにおいて強いこだわりと自信を持って行っています。
何事にも基礎の部分は最も重要です。本当に見て頂きたいのは、完成前の基礎や構造・躯体です。ベタ基礎、基礎パッキン工法、集成材の採用等の家を支える基礎部分に、特にこだわりと自信を持っています。
「安心」「安全」な住まいをご提供していくため、全ての住宅において、構造計算のエキスパートによって綿密に計算した構造設計を行っています。
柱や梁などを固定する金具の妥協のない選定や、バランスの良い耐力壁の配置で、耐震・耐久性に優れた住まいが実現しました。
2回にも及ぶ現場調査を行っております。
自社の検査、行政機関による検査に加え、JIO等の第三者による住宅瑕疵担保責任保険法人による検査も行っております。地盤調査から2回にわたる現場検査を行い、各工程毎に合格した上で住宅瑕疵担保責任保険加入しております。
※JIOの場合の例です。
 
第1回:基礎配筋検査
住宅をしっかり支えるのが、基礎コンクリートの部分。
ここがしっかり作られているかどうかを検査します。具体的には、コンクリートを流してしまう前に、鉄筋の太さや配置が設計図面どおりに組まれているかどうかを検査します。
 
第2回:躯体検査
主要な構造部分を、住宅瑕疵担保責任保険法人による建築士が細かく検査します。
家を支える柱や耐力壁の位置は図面通りか、横揺れを防ぐための筋交いは設計図面通りに配置され適正に取り付けられているか等、一般の人では分からないようなチェックポイントをしっかり調査します。
吉岡環境開発株式会社
〒151-0053
東京都渋谷区代々木4-29-3西参道梅村ビル
TEL.03-5350-5510
FAX.03-5350-5701
■プロパティ事業/不動産賃貸・管理・仲介業
■デベロップ事業/戸建分譲事業、マンション事業
 
TOPへ戻る